粘着?ストーカー!?気をつけるべきネットの誹謗中傷

by admin on

なぜネットの誹謗中傷が起きるの?

インターネットの様々なサービスの普及により、世界中の同じ考えや趣味の人とつながることが出来るようになった反面、自分とは気が合わない人や、考え方が違う人とも簡単につながることが出来るようになりました。基本的に、「この人と考え方が違うな~」と感じたら、書き込みを見ないようにすればいいだけなのですが、なぜか執拗に悪口や、思ってもないことを繰り返して言ってくる人がたまにいるものです。彼らは、匿名の世界で何を言ってもいいと勘違いしているようです。

ネットでの誹謗中傷から危険につながることも!

ネットで誹謗中傷が鬱陶しいと感じたら、アカウントを作り直したり、無視したりという方法が安全ですが、中にはエスカレートして、書き込みから個人情報を特定したり、殺害予告をするなど、ストーカー行為へ発展する場合もあります。そういう場合は、速やかに最寄りの警察へ相談へ行き、アドバイスをもらうようにしましょう。事件性がある場合、警察は誹謗中傷の書き込みをする人物を特定し、逮捕状を請求してくれます。そのためにも、証拠となる誹謗中傷の書き込みは保存しておくことがおすすめです。周囲の友人へ相談しておくことも大切です。行為がエスカレートする前に、早めに対策を打つことがおすすめです。

誹謗中傷は法律に違反することも!

例えネット上だとしても、特定の人物へ事実無根の悪口を書いたり、誹謗中傷をすることは、名誉毀損や侮辱の罪になりかねません。また、個人情報を公表する、殺すなどと脅すことは脅迫の罪、実際に家や本人のところへ押し掛けたりするとストーカー規制法違反となる場合があります。大事に至る前に、警察への早めの相談がおすすめです。世の中にはとても優しい人がいる反面で、とても恐ろしい人も存在します。誹謗中傷には無視が一番と言われていますが、身の危険を感じたら、周囲への相談はもちろん、警察へ相談することが出来るということを知っておきましょう。

ネット誹謗中傷とは、ネット上で根拠の無い悪口を使い他人の名誉を汚し貶めることで、嫌がらせの一種です。公的な場では悪口という言葉は使わず、よくこの言葉が使われます。

Written by: admin