根拠のない噂!?インターネット上での風評被害対策

by admin on

インターネット上での情報のスピード

インターネットは情報発信において優れたサービスと言え、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末の多様性によりさらに情報発信スピードも速くなってきているのではないでしょうか。ソーシャルネットワークサービスにおいても充実してきており、誰でも気軽にいつでもどこでも情報を発信できる環境が整っているために、良い情報においても悪い情報においてもすぐに多くの人の知る所になる可能性があると言えるかもしれません。

実際に話が広がると取り返しのつかない事態にも

情報発信スピードが速くなってきている事は良い事のようにも見えますが、それと同時に悪い事への懸念も出てくる事でしょう。例えば、根拠のないような悪い噂など風評被害についてもすぐに広がる可能性があり、ソーシャルネットワークサービスにおいても拡散機能が付いているようなものであれば、さらに速いスピードで情報は流れていきます。良い事であればありがたい機能とも言えるかもしれませんが、風評被害などに対する対策も立てておく必要があると言えるでしょう。

釈明できる情報発信源の確保

インターネット上での不評被害においては一度広がってしまえば、その情報を止める事は難しいです。情報の発信元を特定するにしても匿名性の高いインターネット上では、至難の技になる可能性もあるかもしれません。そのような状況下での風評被害対策としては、公式の場で釈明できるような情報発信の場を設けておく事が対策の一つとして挙げられます。インターネット上であれば公式ホームページなどを利用して、すぐにリアクションできるようにしておくと良いでしょう。

風評被害対策は、あらかじめ情報を開示しておくということが大切になります。隠せば隠すほど、イメージが悪くなってしまいます。

Written by: admin