ホームページのデザインは、柔らかさの隠し味がポイント!何?その隠し味とは?

by admin on

ホームページは基本的に四角いコンテンツ

ホームページを作成する場合は、様々な場所で四角い印象を与える要素が沢山ありますよね。四角いと言うのは、安定感を与える効果がありますが、あまりにも角が尖った四角を扱いすぎると、堅すぎるイメージや、人を受け付けないイメージ、地にしっかりと付いている印象から、重たいイメージを与えてしまう事もありますよ。ホームページにおける1ページに利用する各コンテツは、ボックスと呼ばれる枠にコンテツを流し込んで作成する物ですよね。このボックスがただ積み重ねただけの内容は、まるで倉庫に収めているダンボール箱の様な姿となり、息苦しさや狭苦しい印象をも与えてしまいかねません。そもそも、パソコンのディスプレイは四角が一般的であり、ブラウザも四角ですよね。

丸みと言う隠し味とは

ホームページでコンテツを入れるボックスと言うのは、角が尖った枠に収める事になりますが、枠は表示させない方法もありまあすよね。どうしても枠を利用したい場合は、ボックの背景を、角に丸みのある枠の画像を利用する事で、丸みを作り出す事が可能ですよ。この方法であれば、下の角は尖った角として、上の角は丸みのある角の画像も利用する事が出来ますよね。文章の中の記号にも丸みのある記号もありますよ。丸みを作り出す事によって、堅い印象を和らげる事が可能ですが、ポイントは、ファーストビューと呼ばれるホームページに始めて訪れて見える範囲に利用する事が望ましく、ファーストビューで利用する事でページの全体に対するイメージを堅すぎない内容として示す事が可能になります。

柔らかを伝える隠し味とは

四角ばかりのコンテツは堅い印象を与えてしまいますが、世の中には柔らかさを伝える事が出来る物が沢山あり、その様な内容を取り入れて行く事がポイントと言えるでしょう。例えば、男性と言うのは、肉体的に強く堅い印象を持ち合わせてしまいますが、女性は、男性よりも柔らかい印象を持ち合わせていますよね。つまり、女性のモデルなどを起用する事で、ホームページに柔らかさを作り出す事が可能になりますよ。心を爽快にしてくれる青空と言うのは、基本色の青では無く、白を加えた水色の様な青ですよね。薄い色を利用する事でも柔らかい印象を与える事も可能です。堅い印象ばかりでは、コンテツに息苦しさを与えますが、逆に、柔らかすぎる内容は、コンテツの価値に重みが無く、軽すぎる印象を与えかねないため注意が必要ですよ。堅さと柔らかさのバランスを取りながら、ホームページのデザインを心がける事が大切と言えるでしょう。

レスポンシブデザインとはwebデザインの手法の1つで、想定される様々なデバイスでの閲覧に単一ファイルで対応することを言います。

Written by: admin